アーカイブ

投稿者のアーカイブ
26 6月

2014年ブラジルW杯の公式ソング!!We Are One (Ole Ola)

pitbull4年に一度の祭典、サッカーワールドカップが開催したということで、2014年ブラジルW杯の公式ソングが決定した!

何と驚きのPitbullがジェニファー・ロペスとブラジル人歌手のクラウディア・レイチをフューチャーしてる歌だ。

なんでブラジルの歌手がメインじゃないんだ?という疑問がかなり出てくるが、輝かしい栄光はアメリカ屈指のお祭り男に渡った格好となった。

Pitbullと言えば正直クラブミュージックの印象しかないが、Lil Jonにも認められた程のラッパーだ。

今はパーティーミュージックのチャラい印象しかないが(笑)

 

しかし、今回のWe Are One (Ole Ola)は俺としてはとても良い作品だと思う!

聴きやすい上に上手くサンバのリズムに乗せてあるから、ライトな間隔でノリやすいと思う!

そんなこんなで結局ワールドカップは進み、日本は負けてしまったが、今年はどこが優勝するんだろうなー。

日本はもう少しイケると思ってたから今回は少し残念だ。。

 

 

カテゴリー: Pitbull タグ:
10 2月

熊本の星☆餓鬼レンジャー復活

餓鬼レンジャー今回は、餓鬼レンジャーについて書こうか。
言わずと知れた九州は熊本出身のラッパー。

メンバーはYOSHIとポチョムキンの2MCにGPの1DJからなるユニット。もう一人、High Switch a.k.a. HIROが居たけど、去年の活動再開時に正式脱退したらしい。

今から、突然の復活も結構ビビるけど、それぞれがスキル磨いてさらにパワーアップしてそうな勢い。

火ノ国SKILLと火ノ粉ヲ散ラス昇龍とか好きだけど個人的には、熊本レゲエのHUNTER CHANCEに出してたおてもやんサンバⅡの餓鬼レンのラップが好きだな―。
ってマニアック過ぎるけど(笑)熊本人からしたら嬉しいラップだよな(笑)

途中、AV監督になるみたいなよくわからない感じになったけど、
活動を再開してくれて良かった!これからの餓鬼レンに期待!!!

ps.
今、仕事がマジで忙しい。。会社の法人クレジットカード? を作らなきゃいけないらしくて、知らないよ。。そんなもん。。知り合いからこのサイトをオススメされたけど、法人クレジットカードNAVI本当に良いか、ダレか教えてくれ―!!

カテゴリー: 餓鬼レンジャー タグ:
10 10月

今日はこれ書きますBUDDHA BRAND

BUDDHA BRANDさんぴん世代として確実にわすれちゃいけないのが、BUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)だ。
メンバーはDEV LARGE, NIPPS, CQの「無敵の3本マイク」+ DJ MASTERKEYという激ヤバメンツ。最初は知らなかったんだけど結成は1990年のニューヨークらしい。
そういえばみんな海外在住組だしね。それで日本に帰ってきて、1996年cutting edgeよりメジャーデビュー。
今はそれぞれソロらしいけど、全然見てない(笑)

でもやっぱブッダといえばさんぴんCAMPで披露した「人間発電所」だよね。
あの世代の人間なら本当憧れるし、クラシックのジャパニーズヒップホップのまさに王道だと思う。
思わず、加藤ミリヤが人間発電所を元ネタに夜空を出した時はCD買っちゃったもん(笑)

やっぱなんだかんだでクラシックのヒップホップは良いよね。
証言とか今でも聞いてしまう。今の時代のラップも良いけど、やっぱクラシックなオールドこそヒップホップだと思う。
ホントJ-RAPって呼ばれる部分をdisってくれて良かった。今日は懐かしい曲でも聞いちゃうか。

カテゴリー: BUDDHA BRAND タグ:
26 6月

ヤバイplay!!DJ KENTARO

DJ KENTAROこの前、恵比寿のリキッドルームで初めてDJ KENTAROのplayを聞いた。ハッキリ言って、マジでヤバかった!!!!

大箱なのに客が沸きまくりでとにかくテクも半端無いし、勝手にリズムに引き込まれるしで、てんやわんや。
いやー、そこら辺のクラブDJとは全く違うね。こんなに違うもんだとは全く思わなかった(汗)

その時は、ZIMAのイベントで入場料無料でZIMAも一本無料だし、それでけんたろー兄さん聞けたら最高だよね!!!

やっぱ2002年世界最大のDJバトルイベント「DMC World Final」で、日本人およびアジア人で初めてチャンピオン取ったバトルDJは違うよね。ホント、チャンピオンの意味がわかったわ。手元とか早すぎて何やってるかわかんないし、でも音はめっちゃ心地いいしで、今度オムニバス買おうと思いました。マジで。

ということで、みんなもDJ KENTAROは要チェキで!!

カテゴリー: DJ KENTARO タグ:
11 4月

TERIYAKI BEEF事件について

2009年に勃発したTERIYAKI BEEF事件について久々に思い出したので書きます。TERIYAKI BOYZの「SERIOUS JAPANESE」って曲に怒ったSEEDAがGEEKのOKIと共に作った
DISソング「TERIYAKI BEEF」をユーザーに無料配信。

それに対してVERBALがブログでSEEDAにコメント。自分のpodcastに出演してよと依頼することによって、
VERBALとのpodcast上での対談が実現する。

日本におけるHIPHOPの文化から始まり、disる文化がジャパニーズHIPHOPについてどうなのかという
議論から実際の歌詞について話が進む。

その中で、実際にVERBALはSEEDAの「Sai Bai Men」の「おっと服に枝が着いてる」というリリックを「おっと服に猿がついてる」と
インスパイアされて引用した事を告白し、一言連絡を忘れたと謝罪。

コレに対してSEEDAはVERBALと和解したとブログで発表し、完結したかに見えたが、
podcastに呼ばれなかったOKIが追加で歌を出すという可哀想な結末(笑)

日本だと「公開処刑」以降は、セルアウト狙った歌手や曲はすぐdisられる。
日本だと確かに素人が多すぎて、disの文化は勘違いされることも多いかもしれない。
その考えもわからなくは無いけどな―。

でも、disってお互い叩き合って文化を発展させていくのもやっぱHIPHOPな気がする。
色んな人がいて面白いんだけどさ、やっぱ深いよなHIPHOPって感じさせる事件。

カテゴリー: TERIYAKI BEEF事件 タグ:
07 2月

怒りの鉄槌!KAMINARI-KAZOKU

雷家族

雷・KAMINARI-KAZOKUを日本のHIPHOP界は忘れちゃいけない。
LAMP EYEが前進となり、初期メンバーはRINO LATINA II、TWIGY、YOU THE ROCK★、G.K. MARYAN、DJ PAT→504、DJ YASという大御所ばかりだ。

雷自体はかなり昔から活動していたが、正確な発足はテレビのしょっぱいJ-RAP批判から始まったらしい。
ここから雷の快進撃が始まり、アナログ版 『雷/カミナリノイカリマサニカミナリ』『夜ジェット』 のリリースや2000年代にはミニ・アルバム 『大災害』 を発表している。

しかし、この大災害発売までは、それぞれのメンバーがソロ活動を続け、
雷名義で発表することはほとんど無かった。

また、ほぼ解散状態であったが、新メンバーD.O、DJ MISSIE、DJ AMEKEN、SHINNOSK8等を加え、KAMINARI-KAZOKUとして再活動を始めた。

初期メンバーはさんぴんCAMPにも参加した大御所ばかりで、
本当に日本のRAP界を牽引してきた偉大なラッパーばかりである。
今のラップ界を見たら、がっかりするかもしれないが、本当にクラシックなラップはどれもかっこいい。
純粋な音とラップの共演。これを今のラッパー達は忘れちゃいけないと思う。
ちょっと熱くなりそうだから、この辺で。今日は青汁でも飲んで寝ます(笑)

カテゴリー: タグ:
09 10月

ラップ界の重鎮 RHYMESTER

ジャパニーズHIPHOPの大御所と言えば必ず名前が上がるライムスター。
宇多丸とMummy-DとDJ JINからなる2MC+1DJのモンスターグループだ。

全員が早稲田の早稲田大学ソウルミュージック研究会ギャラクシーというサークル出身だ。
そこで宇多丸とMummy-Dが意気投合してグループを作ったらしい。

第12代部長が宇多丸で、第13代部長がMummy-D、第16代部長がDJ JINらしい。
ちなみにDJ JINはライムスターの2代目DJらしい。(知らなかった。。ちなみに一代目はDJ Chocolate)
早稲田大学ソウルミュージック研究会ギャラクシーは他のラッパーも排出してて、
KEN THE 390とかTARO SOULはライムスターの後輩だとさ。

他にもEAST ENDやMELLOW YELLOWらと共にヒップホップコミュニティFunky Grammar(FG CREW)を結成。KICK THE CAN CREWやRIP SLYMEもFG CREWに所属している。
どうりで仲良いなぁと思ってたけど、そういうことかと納得。

最近のライムスターは、DさんやDJ JINは楽曲提供とかしてるし、宇多丸はテレビ出演が多い。
ただ、2010年に4年ぶりにアルバム出した後はしばらくライブ活動してたけど。

ZEEBRA等へんの大御所とも仲良いし、ジャパニーズHIPHOP界を牽引し続けるスターであることは
間違いない。一番新作のアルバム『マニフェスト』は是非聞くべし。
つーか、アーティストの紹介って上手く書くの難しいなー。マニフェストリスペクト

カテゴリー: RHYMESTER タグ:
20 8月

ジャパニーズHIPHOPだろ!Lamp Eye

なんか紹介していく順番がおかしいけど、今回は「Lamp Eye」について書きたいと思う。

ランプアイの証言。

これを言っただけでそいつがどれだけジャパニーズHIPHOPを愛してるかがわかる。(後、歳も)

さすがの俺ですらこれは聞いた。
それぐらい革命的な作品だったし、メンバーがやばかった。

当時HIPHOP好きだったやつからすると本当よく話題にしてたなぁと思う。
とにかくメンバーがBIG of the BIGで、

RINO、YOU THE ROCK★、G.K.MARYAN、ZEEBRA、TWIGY、GAMA、DEV LARGE、YOTTY、UZI、DJ YAS

こんなメンバー集まらないだろ(笑)

日本のジャパニーズ黎明期をよく感じて欲しい。
PVは初めて見た!是非下の動画を見てくれ。

カテゴリー: Lamp Eye タグ:
19 7月

日本語ラップを語るならやっぱりギドラ

日本人でまさに日本語ラップの基礎を作ったのは間違いなく、キングギドラだと思う。

キングギドラそれぐらい当時は衝撃を与えたグループだった。
メンバーは、K DUB SHINE、ZEEBRA、DJ OASISの3人からなる三つ首。

1995年に出したデビューアルバムの『空からの力』はRHYMESTERのMummy-Dも、日本語でラップする上で押韻の方法論を完成させたと言ってるらしい。

中々、すごい話。汗

英語と比べて圧倒的に韻を踏むのが難しい日本語でラップを創りあげたことは、本当に凄いと思う。

ちなみに俺が聞いた初めての曲は「マジ興味ねぇ」。
確かまだ中学生じゃ無かったかな?(笑)

その後も、たまに復活してアルバムとか出してるんだけど、やっぱ有名なのは、
「公開処刑 feat. BOY-KEN」だと思う。

思いっきり、DragonAshとKICK THE CAN CREWとリップスライムがdisられてる。
kjなんて思い切りkjって言われてるしね(笑)
なんか今では和解してるって言われてるけど。(ZEEBRAがツイッターでkenjiと飯食ってくるってツイートしたみたい)

日本語ラップを語る上では必ず外せないモンスターグループ。
是非一度お試しあれ。

カテゴリー: キングギドラ タグ:
18 4月

ニトロとウータン・クラン

中学時代、初めて聞いた洋楽HIPHOPはウータン・クランだった。
ニトロマイクロフォンアンダーグラウンドアフロの友達が貸してくれた(笑)
厳密に言うとアフロでは無いけど、ブラックミュージックにあった風貌だったな(笑)

後から知ったけど人数の多さにマジでひびった。
実際、何人か判明してないらしいけど。

日本で言うと、NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDが近いスタイルかな。
正直、ファーストアルバムはマジではまった。
それぐらいあの曲は衝撃だった。
それぞれの個性が生きてて日本語ラップの集大成って感じ。SUIKENとか今、何してんだろ。(笑)

俺の影響で妹がニトロにはまってた(笑)
女では中々珍しいね。

そんな妹も琵琶湖の看護師になって働いてるらしい。
田舎が好きな妹らしいね。
琵琶湖は良いとこらしいよ。
琵琶湖で看護師やりたい人はこちらへどうぞ。 →http://xn--euty38abhgy6jiznmzbk3f.com/

妹がオススメサイトって言ってたから使えると、思う。

18 4月

2PAC

2pacこの前、2パックのレコードを手にとって見た。
2パックは、ヒップホップレーベル「Death Row Records」と契約してから、
一気に飛躍したラッパーだ。

「デス・ロウ・レコード」は確かSuge Knightが設立したレーベルだったけな。
しかし、2パックの死に方はまさに壮絶だったらしい。

マイク・タイソンの試合を観戦した後に、横付けされたキャディラックからの銃弾受けたらしい。
13日の金曜日だったとか。。死ぬ日まで凄いな。

でも彼のフローはまじでヤバイと思う。
心地良いライムでどんどんぶっこんでくる。
歌詞は過激だったけど(笑)

NASとかとはやっぱ違うタイプだよね。Disり合いが懐かしい。

カテゴリー: 2PAC タグ: ,